Jキッズスクウェア
オンライン販売教材の紹介
長期購読のご案内
単品教材のご案内
在庫セール
ご注文フォーム
学校への寄付ご案内
クレジットカードイメージ
パパ&ママコーナー
日本語教育の手引き
ポピーで学習グループ
システムのご案内
学習教室「ポピールーム」
ご案内
J kids squareについて
会社案内
お問い合わせ
HOME
アメリカ・カナダ在住のお子様向け「日本語家庭学習教材」のオンラインショップ 楽しく学ぼっ元気に話そ!
日本語教育の手引き


イメージイラスト日本で生まれ、アメリカやカナダなど海外に永住すると決めた人達。そう、あなたです。子供ができてから一番長く悩むのが、子供に日本語を教えるかどうかということ。日本に帰ることはないのだからとか、片親が日本人ではないから無理強いして子供が可哀想とか。いろいろ考えた末に、英語だけに集中しようと決断しても、日本にいる両親が孫と話が通じなくて淋しいや、せっかくバイリンガル教育ができる有利な環境なのになどという考えが甦り、バイリンガルな子供を育てる夢を捨てきれない、日本人の親は多いのではないでしょうか?

●子は親を見て育ちます。やる前からあきらめずに、とにかくやるだけやってみませんか?

●楽しく無理のない日本語教育は、あなたの工夫次第で実現します。

このページでは、バイリンガル教育に成功している様々なご家庭からの意見を基に、いくつかのアイデアをお届けします。

日本語教育の手引き 心得その1

子供が1歳になるまでに、日本語教育をするかしないかを、決心すること。
[理由]
子供の言語習得の準備は、1歳〜2歳の間に整います。これは子供によって大差がありますが、はっきりと会話ができなくても、子供は聞くことによって、多くの知識や情報を習得しています。ですから、だらだらと中途半端に子供を導くようなことはよくありません。また、2歳までに意思をはっきりと持ち、親の指示に反発する子供も少なくはありません。言語習得の準備が整う前に、日本語教育の環境に自然となっていることが大事です。

日本語教育の手引き 心得その2

日本語を学んでいる子供との友達作りに心がけること。
[理由]
子供が親から素直に学べる年齢には限度があります。また、どんな小さな子供でも、他の子供がしていることや話していることに興味を持ち、見聞きしていない様子を装って、しっかりと覚えてくることがよくあります。特に、2歳前後から、日本語で会話できる友達を持つことは重要となってきます。子供からの影響力は、親の数十倍だそうです。

日本語教育の手引き 心得その3

日本語の学習を、遊びのように楽しいものと認識すること。
[理由]
まだ学校にも行っていない子供が、「勉強」と聞くと嫌がるのはどうしてでしょう。例えば、「あいうえお」のビデオを見たり、パズルをしたり、バービーごっこをしたり、ラジコンカーで遊ぶのも、子供達が知識を吸収したり、知恵を発達させたり、大人のまねっこごっこをやったり、趣味を見出すための、大切な勉強の一部です。こういった遊びを通して、子供自身の発育や、他人との交わりを経験していくのです。日本語の学習も、遊びの一部として定着させることが大事です。そのためには、親が日本語学習は勉強であって、遊びではないと切り分けないことが大切です。「子は親が考えた通りに振る舞う」と常に思ってください。言い換えれば、親が日本語学習を改めて楽しめば、自然と、その楽しい気持ちが子供に伝わるのです。決して、二ヶ国語も学習させてしまって可哀想というような気持ちは持たないように。

日本語教育の手引き 心得その4

日本語学習の目的を、子供に説明できるようにしておくこと。
[理由]
早ければ、3才ぐらいから、子供は様々なことに「なぜ?」という疑問をもちます。これは当然のことで、この時期に、時間をとって、親が分かりやすく物事を説明すればするほど、子供の親に対する信頼感はより深いものとなり、大きくなっても、親にいろいろな悩みを打ち明けたり、学校で起こったことなどを話してくれたりするようになります。反対に、この時期に子供達に感情的に接すると、親子のコミュニケーションに支障をきたすことになります。物心がついてきて、周りの子供達が日本語を話していないことに気付くと、どうして自分だけがするのか疑問を持つのは当然です。このときに、自信を持って、その理由を告げることによって、子供の疑問を吹き飛ばし、2ヶ国語を両立することに前向きに進むように導くことができます。決して子供のレールを敷くというように解釈をせず、子供の合意のもとに一緒に進むと思ってください。疑問を持つことと、嫌がることは異なりますので、決して誤解をしないように。

日本語教育の手引き 心得その5

日本語を話す状況と、英語を話す状況を切り分けておくこと。
[理由]
国際結婚組でも、日本人家族組でも、これは気をつける必要があります。物心ついた子供が日本語を話したがらないということをよく聞きますが、多くのケースを観察していると、原因の1つはどうも親にあるようです。2ヶ国語を話すように教育する場合は、いつ英語を話して、いつ日本語を話すのか、それぞれの状況を明確にする必要があります。ところが、親の「つい...」傾向で、日本語で話せば良い時に英語で話したり、その反対をしたりするものだから、習得のために聞いている子供の切り分けラインを不明瞭にし、困惑した子供は、片一方の言語習得を放棄するということになるのです。以下の状況で、どの言語を使うか、あるいは使っているか考えてみてください。
● 日本語が分かる人しかいない状況
● 日本語が分からない人が混じっている状況
特に、家で、他に英語を話す人がいないのに、親が英語で子供に話しかけていて、たまたま怒ったときだけ、日本語になった場合、どっちの言語を使うべきなのか、非常に迷います。子供はPeshool や Kindergarten に行けば、すぐに英語の世界にどっぷりと浸かりますので、とにかく迷わせるような言動は避けることが大事です。英語が心配であれば、英語で話す友達と遊ばせるなど、工夫が可能です。ここで大事なことは、親が言語の使い分けを明確にしておくことです。特に、小学校に入るまでは注意が必要です。

日本語教育の手引き 心得その6

親が教え、子供が教えられる環境を家庭内で持つこと。
[理由]
これは、日本語教育のみに限らず、非常に重要なことです。子供が学校に入る年齢になると、英語に接する機会が非常に多くなります。日本語を話すお友達と会う機会も減り、家庭でしっかりと日本語教育を継続していかないと、すぐに子供は日本語を忘れていき、第二の日本語学習放棄につながるかもしれません。そのためにも、親子で気持ちよく学習できる量を把握し、喧嘩にならないコツをお互いに習得し、親から教わることに子供が喜ぶ環境作りを完成しておく必要があります。幼児、特に3才頃から、習慣づけていくことが大事です。4歳や5歳からでも構いませんが、その年齢の子供達としばらく机に向き合うようにすることは、少しの(?)努力が必要かもしれません。学習量も詰め込めば良いというものでもありません。くれぐれも、親が楽しめる量に留めるように。何事も早期に、そして将来を見据えて、無理のない養育を心がけてください。すべて人任せは、親が子供を掌握できない事態を招きます。日本語学校や補習校にいくことになっても、家庭で学習する作業は減るわけではないので、家庭で学習できる準備が必要です。

日本語教育の手引き 心得その7

短時間で繰り返す学習を心がけること。(幼児編)
[説明]
家庭学習の基本は、長期戦と学習意欲の持続にあります。そこで、どなたでもできる方法をいくつかご紹介します。

@学習日は月曜から金曜まで、毎日の所要時間は約15分までと決めます。大事なことは、毎日少しずつ繰り返し学習する癖をつけさせることです。この習慣は、今後、アメリカの現地校の宿題を見てあげる場合にも役立ちます。学習を始める前に、何時何分まで何をすると説明してあげるのも良いと思います。お子様がもっとしたいと言っても、約束した時間で終わるようにしてあげてください。長時間やると、かえって逆効果になります。

A子供と二人きりの場合、親は必ず日本語で話してあげます。英語が混ざるようなお手本を子供に見せるのは、日本語学習のマイナスになります。子供が日本語を話さない場合は強制せず、つられて話してしまうようにもっていってあげます。お子様が言った言葉は、必ず日本語で繰り返すようにして、日本語でどのように言うべきかを聞かせてあげるようにします。お子様は、普通のアメリカ人以上のことをしていて、いつもがんばっているね、という姿勢で臨むようにします。これぐらいできて当然という態度を親がとると、自然とけんかになり、家庭で教えられないという状況になります。

B3才までは、ひらがなの学習よりも、語彙の習得に集中します。言語の基本である語彙が少ないと、会話や読解の上達を妨げることになります。語彙には、物の名称や形容詞など、文章の基本となる要素がすべて含まれます。絵本の読み聞かせ、フラッシュカードでの遊び、親がやっていることを子供に説明してあげる、などを繰り返すことで、語彙は増えていきます。

C早い子は3才ぐらいから、通常4才ぐらいから、ひらがなを読む練習をします。一週間に5文字ずつ覚えていきます。例えば、ひらがな表を一緒に見て、「あいうえお」と一緒に順番に呼んでいき、2、3回読んだ後、お母様がランダムにひらがなを指し、子供に答えさせることを数回します。その次に、その文字で始まる言葉を一緒に考えてみます。毎日、違う言葉を言うように指導してあげてください。次に、要らない紙に書き順を見て一回書かせます。正しい順序で書けている場合は、お母様も横で同じように書いてみます。お母様も一緒にやることで、やらされているという気持ちがなくなり、一緒にやっているという気持ちを持つようになります。ひらがなを書くのは、年中以上のお子様からです。年少以下のお子様は、指の筋肉が発達しておらず、文字がうまく書けなくて怒りっぽくなる場合が多くあります。お子様がその週で覚えるひらがなを全部マスターしたと判断したところで、お母様がランダムにひらがなを書き、その読みを回答させるようにします。完全に覚えたところで、次の5文字を追加します。つまり、「かきくけこ」を始める際は、「あ〜こ」まで学習するようにします。重複して学習することで忘れないようにします。この所要時間は最高10分です。ひらがなを一通りマスターした場合は、要らない紙や国語ノートにひらがなを毎日1文字1回ずつ書き取りします。お母様は横にいて書き順があっているかを確認したり、一緒に書き取りをしてみます。お子様が書き終わったら、誤字・脱字をカラーペンでマークして訂正させます。書いている最中に間違いを指摘すると、お子様がやる気を失いますので、お子様が書いている間は観察していてください。

Dひらがなが読めるようになったら、ご自宅にある、赤ちゃん用の絵本を少しずつ読み始める練習をします。お母様の時間によりますが、一日に3分〜5分ほどで、一文ずつお母様と交互に読みます。同じ絵本を最低5日は読むようにしてください。英語も一緒ですが、本読みはとても重要な学習方法です。所要時間は、最高5分を目安にしてください。下にお子様がいらっしゃれば、その子に読んであげることで、お子様の自信がつきます。

Eひらがなを完全にマスターしたら、数ヶ月待ってから、同じことをカタカナで行います。カタカナの学習は、海外の場合、年長の時期がベストです。日本では、通常、小学1年生の2学期にカタカナを学習します。

F上記Eまでできたら、本読みと書き取り(ひらがなとカタカナを毎日交互に書く)で約15分の学習に収めるようにし、月曜日から金曜日まで毎日行うようにします。できれば、日本に対して楽しいイメージを持ってもらうために、一日10分〜30分、日本の子供用の番組を見せてあげるのも良いと思います。


日本語教育の手引き 心得その6

必要に応じて学習目標を変更することが、長続きの秘訣。(小学編)
[説明]
小学生レベルの勉強は、幼児の場合とは異なります。家庭での学習環境が確立していて、学習の習慣がついていても、内容が難しくなると、壁にぶつかる場合があります。最初の壁は、小1の2学期から始まる漢字の勉強です。漢字はご存知の通り、その数も多く、1つの漢字で複数の読み方を習得する必要があります。小学校では、現在(2012年)、1006字を学習します。小1では80字、小2では160字、小3では200字、小4では200字、小5では185字、小6では181字を学びます。漢字表は、 いろいろなサイトで入手できます。たとえば、こちらからでも。 漢字の学習で、一番大変なのは、どの程度まで漢字の学習をするかということです。漢字を見ずに書けるようにするのか、それとも読めれば良いとするのか、などです。今までの経験で、時間をかければ、小1レベルの漢字の読み・書きをマスターさせることは可能です。しかし、その学習過程で、子どもがやる気をなくしたり、興味を失ったりし始め、2年生を続けることが困難になることもよくあります。

2番目の壁は文章の読解能力の限界です。小1の9月頃から、文章が長くなり、内容もグンと難しくなります。文字を読めれば良いというレベルは終わりで、読んで理解しないと問題が解けなくなります。この問題を克服するためには、幼児期から日本語の本読みを習慣づけしておくことが大切です。

3番目の壁は、親が日本語重視のために、国語の勉強だけに集中することです。日本語は、国語以外の教科を勉強していても学習できます。特に、算数や理科や社会は、覚える漢字もなく、学校で教える内容を学べるため、学校の復習や予習に最適ですし、子供達に楽しいという気持ちを与え続けることができます。ちなみに、理科と社会の勉強は、日本では3年生からです。

上記の問題点をもとに、どなたでもできる方法をいくつかご紹介します。

@学習中、親は、必ず日本語で話しかけます。子どもの話す言語は無理強いする必要がありません。小学校に通い始めると、周りの影響で、日本語を話すことを嫌がる子どもがいますので。

A学習時間は、学校の宿題や習い事にかかる時間を考慮して、毎日40〜45分分ぐらいまでに制限するのが良いかもしれません。時間配分は、本読みに10分、ひらがな、カタカナ、漢字の書き取りに15分ほど、漢字の単語カード作成と暗記に5分ほど、算数や別の教科に10分〜15分ほどです。学習中、できる限り一緒にいてあげてください。本読みは、学年で推薦されている本でも良いですし、入手できそうでしたら、教科書をお勧めします。文章が長くなってきたら、1文ずつ親子で交互に読みあうのがベストです。書き取りは要らない紙を使うか、国語ノートなどを使います。1文字1回ずつで、低学年の間は、ひらがな46字とカタカナ46字を交互に、2日おきに書かせ、さらに習った漢字を書きます。たとえば、今日は、ひらがな46字を書いて、そのあとに、漢字を10個書くとか。漢字の単語カードは、表を漢字、裏を読み仮名にするのですが、読み仮名の側には、英語で読み方を書いたり、その漢字の意味を絵で描かせたりするなど、ユニークで楽しいカードを作成するようにしてください。読み仮名はすべてではなく、本読みで出てきた読み方で結構です。最初の3年間ほどは、漢字の正しい書き順について、きっちり指導してあげてください。3年生頃になると、書き方の法則が、ある程度習得できているため、新しい漢字を最初から正しく書くことができるようになります。

B土曜日か日曜日、あるいは、平日の1日を学習チェックにあててください。たとえば、1ページずつ本を読んでもらって、いくつか質問に回答してもらったり、単語カードを使って、漢字が読めたり書けるかをテストしてみます。この際に、国語ドリルなどがあれば、それを使ってください。

C漢字の学習程度ですが、お子さんの暗記能力を超えたと判断された場合は、そこから、漢字は読めれば良しというように目標を変更されることをお勧めします。上記Aで説明した作業はそのまま続けて、国語ドリルなどを回答する際に、漢字は見て書いて良いということにします。そうすることで、親子のストレスが減少し、日本語学習を長期間続けることが可能となります。親が高い目標を無理に持ち続けると、逆効果になったケースがよくあります。

D可能であれば、日本の学校に一時通学するのも良いと思います。また、日本のマンガやドラマやバラエティなど、親が楽しんでいるものを一緒に見たりする機会も与えてあげてください。


www.jkidssquare.com back page top